セミナーのご案内

今、なぜFIDIの実践コースなのか?

なぜ今本当の意味で、「患者のため」のインプラント治療を目指すとは、どのような要素を満たさなければならないのでしょうか。

シンプルで安全、創傷の治癒を妨げないインプラント外科、治療期間中のQOLの向上、維持、長期的視野に立った治療計画と上部構造の選択、そして、審美性及びセルフケア、プロケアを考慮した補綴形態など、多岐に渡る要素を満たす必要があります。

さらに、高齢者においては健康長寿を目指すとともに、外来受診できなくなることも想定した準備も求められる時代になりました。

私達FIDIの実習コースでは、立ち位置を補綴治療に置き、上記の要素を具体的に達成するための考え方、処置を先生方に伝授します。

実習では、埋入ポジションを重要視し、各種インプラントの特徴を活かした既存骨中心nの外科処置を、さらに診断から始まり治療計画実習、基本の補綴処置の流れを再確認して頂きます。

10日間のコース終了後には、意識、技術ともに大きく変わっていただけるよう、スタッフ一同準備してお待ちしています。

 

第17期・第18期 FIDIハンズオンセミナー

講義内容 スペシャルプログラム 実習/講義

  • FIDIコンセプト(患者の日々の暮らしを守る治療)
  • 症例に応じたインプラントの使い分け(チタン/ショート/ワイド/スレッド形態/嵌合形態など)
  • 前歯部:埋入位置(抜歯即時/ルートメンブレンテクニック/既存骨)
    抜歯即時埋入後のプロビジョナルでの歯肉のコントロールと補綴形態
  • 臼歯部:埋入条件、外科手術(抜歯即時/既存骨/上顎洞/スプリットクレスト)
  • 早期荷重と即時荷重のプロトコル
  • 診断/治療計画
  • 下顎位の診断と咬合採得
  • 治療ゴールの設定、手順、治療期間中の乗り越え方
  • 多数歯埋入(各種テクニックを要して)
  • 無歯顎/高齢者におけるインプラント治療(クラウンブリッジ、AGC、オーバーデンチャー)
  • 上部構造について(種類/材質/補綴手順)
  • メインテナンス/健康年齢の延伸/終末期への移行(衛生士と共に受講)

※埋入実習材料費及びテキスト、昼食費は含まれます。
※会場内でのビデオ撮影、音声録音は禁止させていただきます。静止画の写真撮影(フラッシュ・シャッター音は禁止) は可能です。

会場

東京会場

募集

満員となりました。

第17期 第18期
20221015日(土) 202211月19(土)
20221016日(日) 202211月20(日)
20221217日(土) 20231月21(土)
20221218日(日) 2023年1月22日(日)
2023年218日(土) 2023年318日(土)
2023年2月29日(日) 2023年3月19日(日)
2023年415日(土) 2023年5月20(土)
2023年416日(日) 2023年5月21日(日)
2023年6月17(土) 2023年715日(土)
2023年618日(日) 2023年716日(日)

15期・第16FIDIハンズオンセミナー

第15期 第16期
20211017日(土) 202111月20(土)
20211018日(日) 202111月21(日)
20211218日(土) 2022115日(土)
20211219日(日) 2022年116日(日)
2022年219日(土) 2022年319日(土)
2022年2月20日(日) 2022年3月20日(日)
2022年416日(土) 2022年5月21(土)
2022年417日(日) 2022年5月22日(日)
2022年6月18(土) 2022年716日(土)
2022年619日(日) 2022年717日(日)

セミナー風景










使用模型




©  FIDI – Field Implant Dentistry Institute All Rights Reserved.
PAGE TOP